建学の理念

建学の精神 建学の精神

京都看護大学の建学の精神には、「明徳・格物致知の実践」を掲げます。 「明徳」、「格物致知」は、中国の五経の一つ『礼記』の「大学」に 表された一節であり、「人は、『格物致知』すなわち物事の道理や本質を深く追求し理解して知識や学問を深めることにより、『明徳』自らが持つ天から与えられた優れた徳性を明らかにすることができ、人は、この自らの徳性を認識したとき、おのずと自ら及び他者に対して公明な愛を向けることができる」ものと解しています。

看護を学ぶ者は、看護に係る道理や本質を深く追求し理解して、知識や学問を深めることにより、看護専門職者としての自らの役割を認識したとき、自ら及び他者に対して、「いつくしみ」を持った看護を提供することができると考え、「明徳・格物致知の実践」を本学の建学の精神と致しました。

大学設置の理念 大学設置の理念

京都看護大学は、京都市立看護短期大学の伝統と教育資源を承継し、さらに私立の四年制大学として設置致します。この公立短期大学は、「豊かな人間性と教養に富み、高い倫理観に基づいて、人の生命と健康を守り、広く社会に貢献する人材を育成すること」を理念とし、看護師育成のみならず、看護師支援モデル事業、公開講座など社会貢献の一翼を担って参りました。 この教育的資源、伝統を承継し、本学を設置することは、京都市民及び関係各者からの強い要望と期待に応えることでもあります。

本学では建学の精神「明徳・格物致知の実践」のもと、一層飛躍することを目的とし、大学設置の理念を「高度な医療技術と多様な社会ニーズに対応できる専門的な学術理論及びその応用を研究教授し、高度な知識・技術・医療倫理、そして豊かな人間性を身につけ、幅広い教養と国際的な視野を備えた専門的人材を育成し、保健・医療・福祉の発展に貢献すること」と致します。

また京都府内唯一の看護単科大学として、地域・京都市において看護専門職として社会に貢献する人材を育て、看護に係る高度な学術的知識だけでなく、国際社会に生きる一人の人間として、高い医療倫理や豊かな人間性を身につけ、幅広い教養と国際的な視野を備えた専門的人材の育成を目指します。

教育理念 教育理念

京都看護大学は、本学で看護を学ぶ者が、外界・他者に向ける
関心、気遣い、思いやりなどを『いつくしみ』という言葉で表し、
下記に捉える3つの『いつくしみの力』に象徴して、
これを育て、鍛えることを本学の教育理念とする。

3つの「いつくしみ」思いやりを気遣う心を「愛=いつくしみ」と表現し、【智】【人】【命】の3つのいつくしみを学ぶカリキュラムを構成しています。
教育目的 教育目的

看護職者として、身体・心理・社会的立場などあらゆる角度から人間理解を深め、豊かなコミュニケーション力をもって他者をいつくしむことのできる心を養い、幅広い教養と高い倫理観に基づくヒューマンケアリング、科学的知識ならびに合理的判断によって人々の健康・生活・環境を適切に支援できる人材を育成します。また創造力と探求力を備え、自律的に生涯学び続けることができる人物への自覚を育み、これからの少子高齢社会の保健・医療・福祉に貢献し、また国際的視野に立って時代を切り開く人物を育成します。

ディプロマ・ポリシー ディプロマ・ポリシー

本学の教育は、建学の精神「明徳・格物致知の実践」に則り、看護専門職として以下の能力の持てる人材を育成する。

● 育成する人材像

1. 智をいつくしむ人材
1) エビデンスに基づいた科学的知識と論理的思考力のある人材
2) 探究力を持ち看護専門職者として自律的に生涯学び続けられる人材
2. 人をいつくしむ人材
1) 豊かな教養を基礎とした全人的人間理解の上に高いコミュニケーション力・ケアリングマインドを持ち、自己と他者をいつくしめる人材
3. 命をいつくしむ人材
1) 看護職者としての自覚と高い倫理観、適切な看護実践力を持って人の命と尊厳を尊重し、人権を擁護できる人材

本学学則が定める卒業用件に必要な年数以上在学し且つ単位を修得した学生を、次に挙げる能力を備えたものとし、学位:学士(看護学)を授与する。

● 育成する人材像学生が卒業までに身につける能力

1. 智をいつくしむ力
1) 科学的論理的思考力:エビデンスに基づいた科学的知識と論理的思考力、的確な判断力と深い洞察力を持つ。
2) 探求力と生涯学習能力:知的好奇心と真理の探究力を伸長し、看護専門職者として自律的、主体的に、国内・国際社会に向けて発信しつつ、生涯真摯に学び続ける力を持つ。
2. 人をいつくしむ力
1) 全人的人間理解:幅広い教養と豊かな感性をもって、全人的人間理解を深める力を持つ。
2) ケアリングとコミュニケーション:自己と他者をありのままの存在として受け入れ、唯一無二の存在として尊重し、敬意と ケアリング(他者への思いやり・気遣い)をもっていつくしみ、深く相互的なコミュニケーションを結ぶ力を持つ。
3. 命をいつくしむ力
1) 職業倫理と人権擁護:看護専門職としての自覚と高い倫理観を以って、人間の命と尊厳を尊重し、人権を擁護する力を持つ。
2) 適切な看護実践:専門的かつ創造的で質の高い、適切な看護実践能力を持つ。
カリキュラム・ポリシー カリキュラム・ポリシー

本学のカリキュラムは、以下に示す4つの科目区分設定における各科目のねらいの達成によって、本学の教育目標の達成と学生自らが選択する看護実践や教育、研究の場など、あらゆる職業選択の場で応用可能な能力の育成を保証する。

科目区分

1. 基礎科目
2. 専門基礎科目
3. 専門科目
4. 研究科目

1. 基礎科目

智・人に対する‘いつくしみ’を養い、人間・生活・環境(社会)について理解できる。

  • 1) 主体的に学ぶ力、自立的に発達していく力の育成、豊かなコミュニケーション能力や問題解決能力の基礎を培い、人間と社会生活について理解を深めることができる。
  • 2) 科学的にも接近する発想と方法を学ぶことを通じ、幅広い教養と豊かな人間性、これからの時代を担う看護専門職の基盤を構築する。

2. 専門基礎科目

人の命と人に対する‘いつしくみ’を養うために、健康の成り立ち、健康障害と治療および臨床における人のありようと保健医療の仕組みについて理解できる。つまり、看護の対象を身体・心理・社会・スピリチュアルな統合体としての全人的存在としてとらえることができ、専門科目の理解と実習につなげる構成とした。

  • 1) 看護学と深く関係する医学系、保健学系、福祉学系の教科目をもれなく設定した。
  • 2) 今後の超高齢・少子社会に求められる医療、発展し続ける科学といった視点からもふさわしい教科目を設定し構成した。
  • 3) 看護の対象である「人」を身体・心理・社会・スピリチュアルな統合体としての存在として科学的に理解することができるよう①健康の成り立ち、②健康障害と治療、③臨床人間学、 ④保健医療と社会保障、の4 区分とした。

3. 専門基礎科目

基盤看護領域、地域生活支援看護領域、健康回復生活支援看護領域および臨地実習で構成した。

  • 1) 基盤看護領域では、看護固有の価値と基礎的な知識と技術の修得、および生涯にわたって自己研鑽しキャリア開発につなげる科目を配置した。
  • 2) 地域生活支援看護領域では、今後いっそう深刻になる高齢多死社会において、誰もが住み慣れた地域で暮らすことを支える視点を養うことが重要である。そのために、健康障害の予防から、急性期、慢性期、在宅療養に至るシームレスな看護の提供について学ぶことを可能にした。
  • 3) 健康回復生活支援看護領域では、いかなる発達段階、健康障害、健康レベルであっても看護の専門性である‘生活’に視点をおき、健康回復を促す高度なケアが求められる。医療を取り巻く社会の変化や医療提供体制の改革により、病院での在院日数は短く、急性期、回復期、慢性期、終末期の各期の専門性の高いケアと継続看護、多様な職種との連携できる力を養うことを可能にした。
  • 4) 臨地実習は生活行動援助論実習Ⅰ、Ⅱ(基礎実習)から総合実習(統合実習)まで、臨地において経験したことを振り返り、大学で意味づけ・知識と統合し、課題を明確にして次の実習において段階的に学習していくことを可能にする実習配置とした。

4. 研究科目

研究科目は、看護学士力として最も重要な「主体的な学び」、「課題探究力」、「創造的思考力」を培うものとして、臨床においての課題の抽出から、課題設定、研究力の基礎の育成を可能にする科目配置とした。

アドミッション・ポリシー アドミッション・ポリシー

本学の看護学部看護学科は、教育の理念に掲げた三つのいつくしみ、すなわち「智をいつくしむ」、「人をいつくしむ」、「命をいつくしむ」を具現化した人材を養成すべく、「幅広い教養と高い倫理観にもとづくヒューマンケアリングと、科学的知識ならびに合理的判断によって人びとの健康・生活・環境を適切に支援するとともに、これらの活動を通して看護固有の価値と専門性を発揮しつつ、これからの少子高齢社会の保健・医療・福祉に貢献し、また国際的視野に立って時代を切り拓く、実践的かつ創造的な看護専門職者を育成する。」ことを教育目的としている。したがって、教育目標・教育目的を達成し、資質の高い看護師を育成するために、以下をアドミッション・ポリシーとし、それに沿った学生を求める。

大学紹介
ご挨拶
建学の理念
本学の特徴
情報公開
  • 資料請求
  • オープンキャンパス スケジュール一覧
  • インターネット出願準備中
  • 教えて京都看護 Q&A
  • 看護の智 共同開発センター
  • nasic ナジック 学生マンション
  • 京都看護大学 on facebook
  • 京都看護大学 Line Account Page