学習環境

社会人・遠隔地の学生のための履修支援※1

現職看護職者の修学を支援するために、18時からの夜間開講を実施。また、遠隔地の学生には、テレビ会議システム※2による講義への参加も可能です。1年次の各領域の総論と演習は土曜日の午後開講として、遠隔地の学生も受講しやすい時間割を配置。さらに2年次の特別研究は、夜間開講とし、遠隔地の学生はテレビ会議システム※2を通してのディスカッション、研究指導を受けることも可能です。

多彩な学習機器による、学習機会の拡大

研究科では、マルチメディアを活用した、テレビ会議システム※2の構築により自宅や職場から合同授業、個別相談や電子図書の利用などを活用しながら学ぶことができ、学習機会が拡がります。

修学支援体制

個々の学生の研究指導を担当する教員が中心になり、さらに学生が所属する研究領域の教員も多重に関わる手厚い修学支援を実施。働きながら修学する学生※1など入学時から修了まで個別の状況に即した支援を行います。また、教員のオフィスアワー、メール、テレビ会議システム※2を利用し、きめ細やかな修学相談にも応じていきます。

履修支援体制

入学時に履修ガイダンスを行い、2年間の教育課程、科目概要、履修単位数、研究方法、論文作成、評価基準、単位認定、修了要件の概要を説明し、個々の学生の理解とイメージ化を図ります。自己の研究課題に必要な共通科目、各領域の専門科目の編成と科目選択の仕方、履修登録方法などについて説明し、自己の学修設計と主体的な学習へつなげられるようにしていきます。

※1 保健師コースは除く

※2 テレビ会議システムは、学生のネット環境のもとで、自分のパソコンやタブレットで本研究科が設置するクラウド上の教室で学修するシステム。リアルタイムに講義、双方向のディスカッションや質疑応答がスムーズにでき、教室に居合わせている臨場感で学ぶことができる京都看護大学の独自の学習システムです。

大学院紹介
大学院紹介
研究科の特色
学習環境
カリキュラム
入試について
  • 資料請求
  • オープンキャンパス スケジュール一覧
  • 教えて京都看護 Q&A
  • 「看護留学って、知ってる!?」富山県・朝日町の看護学生修学資金貸与制度について
  • 看護の智 共同開発センター
  • nasic ナジック 学生マンション
  • 京都看護大学 on facebook
  • 京都看護大学 Line Account Page