奨学金制度

奨学金

充実した病院奨学金(京都市を含む)

本学では本学独自の奨学金の他に、病院奨学金も
充実しています。
学生の希望に沿うよう出身地(地元)を含めた
希望地の病院の相談にも応じます。

1.京都看護大学特別奨学金
●特別奨学金Ⅰ (「京都市看護師修学資金融資制度」の利用希望者に審査の上、貸与)
●特別奨学金Ⅱ (成績優秀者に給付)
2.京都市看護師修学資金融資制度
「京都看護大学特別奨学金Ⅰ」を受け、将来京都市域内の医療機関等において看護職員として就業する意思を有する方に貸与されます(経済的要件、学力要件の審査あり)。京都市が民間の金融機関をあっせんし融資を受けますが、利子相当額については京都市が補給することになります。卒業後、看護師として京都市役所または地方独立行政法人京都市立病院機構に勤務されている間は京都市が返済元金を交付します。また、被融資者のうち京都市在住で要求条件を満たす方には、入学一時金として10万円が給付されます。

借入限度額:年額120万円(総額480万円)

3.京都府看護師等修学資金
卒業後1年を経過する日までに看護師免許を取得し、直ちに京都府内の対象施設において看護業務に従事しようとする意思を有する方に貸与されます。免許取得後、直ちに返還免除対象施設に看護職として引き続き5年間従事した場合、修学資金の全額返還免除が受けられます。

貸与額:月額36,000円

4.日本学生支援機構奨学金
優れた生徒で一定の貸与基準を満たし、経済的理由により修学に困難がある方(家計基準あり)に貸与されます。第一種(無利子)と第二種(有利子)の2種類があります(併用貸与可)。
▶ 第一種(貸与月額)
自宅通学54,000円/自宅外通学64,000円
自宅、自宅外ともに月額30,000円の選択も可能
▶ 第二種(貸与月額)
30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・
120,000円の中から選択
5.病院貸与奨学金
各病院が資格、貸与金額、返還等について独自の奨学金制度を定め、独自に奨学生を選考し採用します。奨学金を受けた病院に一定期間就労すれば返還が免除される制度を多くの病院が持っています。ご希望の方は本学入試課へお問い合わせください。
6.日本政策金融公庫「国の教育ローン」
保護者が返済義務者となり、融資限度額は学生1人につき300万円以内になります。詳細についてはホームページをご覧になるか、教育ローンコールセンターへお問い合わせください。

▶ 教育ローンコールセンター
 TEL:0570-008656

※2017年度例

看護学部紹介
看護学部紹介
カリキュラム
臨地実習
ICT教育(学修支援)
国家試験支援
就職支援
奨学金制度
編入制度
  • 資料請求
  • オープンキャンパス スケジュール一覧
  • 教えて京都看護 Q&A
  • 「看護留学って、知ってる!?」富山県・朝日町の看護学生修学資金貸与制度について
  • 看護の智 共同開発センター
  • nasic ナジック 学生マンション
  • 京都看護大学 on facebook
  • 京都看護大学 Line Account Page